私は、なんのために生きていたのだろう。

























 冷え切った土の感触を頬にあてながら、
 死神と呼ばれた女は虚ろな目をしていた。

























 ひどい雨だった。

























 空から降る無数のしずくが自分の体にあたると、
 純粋な水の色が深い赤に染まり、地面を流れ伝う。

























 その光景を、彼女は地面に倒れこみながら、
 まるで他人事のようにかわいた表情でみつめていた。

























 全身の力が抜け、意識がしだいに遠のく。
 白い世界が、彼女の目の前を支配する。

























 これで終わりだ。そう思った彼女は、
 しかし、どうしても晴れないひとつの思いを胸に抱いていた。

























 死んだほうがいい。
 私は、誰からも憎まれ、疎まれる人間。
 生きることは、もう許されない。

























 でも――。

























 彼女の目がゆっくりと閉じられる。

























 それとともに彼女のまぶたから押し出された小さなしずくは、
 誰にも気づかれることなく無数の雨に紛れ、
 やがて冷たい地面の中へとけこんでいった。


























 
TOPへ 次へ